ワークメンタルcafe

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークメンタルcafe

職場や仕事の悩みを解決する専門コーチング

職場に行く理由:未来を生きるため、今を生きる方法

f:id:studio-lei:20170222135611p:plain

職場に行く理由?

  • なぜ頑張るのですか?
  • 生きている理由はどうですか?
  • やらされている感が強いですか?

今の社会は、生きる理由が乏しいですね。では一緒にあなたの理由を見つけに行きましょう。

 

昭和の時代に、森田健作さんが、中村雅俊さんが「あの夕日に向かって走るんだ!」とテレビで叫んだから勘違いをした人が大勢いると思います。テレビで、「働くこと」にスポットライトが当たっていたら違ってきたと思いますがどうでしょうか。

生き物は、「死ぬまで生きる」が宿命なんですね。私の家には、怖がりの柴犬がいます。番犬というワークドッグの失業犬です。毎日毎日餌を与えられて、少しの時間運動するというただ単純に生きているだけです。

私は、この柴犬に話しかけるのですが、「なんで生まれてきたの?なんで生きているの?」と話しかけています。このように、生き物は、「死ぬまで生きる」が宿命みたいですね。

今を生きる理由

では、ご一緒に「今を生きる」を考えてみましょう。ユーチューブで考えさせられる動画がありましたので、ご紹介をします。

「ドキュメント地下アイドルに恋した中年純情物語 おじさんの青春謳歌」です。内容は、未婚の中年の独身男性が秋葉原にある地下アイドルにはまって、給料のうち生活費を除く全額を使いファンとして通っている動画です。

私の同年代のオッさんが、将来の老後の資金を顧みないで、「存在感、必要とされている感、関心を持たれている」ことから、「人生で一番充実している時」と言い放ち、ペンライトを振って、大声で声援を送っているのです。

みなさまに受け入れられないと思っています。私も最初は・・・目で視聴していました。でも「今を生きている!」ということに気がついたのです。

役者ではない、素人オッさんがカメラの前で見せる「一生懸命さ」が、「今を生きている」というメッセージを発信していました。自由人の笑顔は、魅力的です。(笑)

未来を生きるため、今を生きる

「未来を生きるため、今を生きる」この言葉は、私の生き様です。39歳の時に人生のレールから強制的に脱線させられました。自宅療養の時タイムスリップをして、定年後のリタイヤ生活を体験しました。

  • 今日もすることがない。
  • 明日も何も予定がない。
  • テレビが何かしゃべっている家の中で邪魔者扱い。
  • 朝ごはん、昼ごはんと食べる無能な男の扱いを知った。

この経験が、私を未来に連れてゆき自分のアウトカムを悟りました。

悟ったことは、次の「3つの必要」です。

  1. 一生懸命になれることが必要。
  2. 人に頼ったらメンタル的にもキツイから、独り立ちが必要。
  3. 未来のために「準備」が必要。

この「3つの必要」の中にキーワードが含まれています。サッカー日本代表の本田圭佑さんがよく使う「準備」です。

アウトカムと準備

アウトカム

では、一緒にタイムスリップしてみましょう。あなたのアウトカムを見つけに行きましょう。まずは、「自分探し」です。自分一人では難しいかもしれませんが自分探ししてみましょう。人間の資産(知識、経験、人脈など)を自問自答するのです。人間の資産は、どなたも持っています。気づいていないだけです。(ここが困難)

この人間の資産は100人居たら100通りの資産があります。そして世界でたったひとつしかないご自身の「未来予想図」を制作し、アウトカムを見つけるのです。

準備

では、本田圭佑さんがよく使う「準備」です。本田さんは、試合前には「準備する」とよく言われていますが、これは、試合に勝つために、やることを個々に意識しているのでしょう。気持ちも身体的も技術的も試合に向かってするべきことを認識してメンタルコントロールしていると思われます。

だから、みなさまもご自身のアウトカムに向かって準備してみませんか。

未来を生きるため、今を生きる

もうおわかりですね。自分が制作した未来予想図に従って、今を一生懸命生きることが、「未来を生きるため」となるわけです。多分、「明日が来る保証がないのに・・」って思われた方、居ると思います。未来が来ないなら自由人になり、「今を生きる」ことを検討なさってみてはいかがでしょうか。

おわりに

ご自身の生きる理由は、ご自身しかわかりません。「一生懸命」なれることも、ご自身しかわかりません。あなたが変わるためです。この記事は、その方法論でした。

この記事の内容は、難しい内容だと思います。でも、やる価値は十分だと思っています。あなたの「一生懸命」さを一緒に取り戻しませんか。

トップ画像引用元:Redd Angelo, Unsplash


ワークメンタルcafeでは随時セミナー、コーチングを行っています。お申し込みは下記のページをご覧ください。

 

セミナー申し込み
コーチング申し込み