ワークメンタルcafe

ワークメンタルcafe

職場や仕事の悩みを解決する専門コーチング

職場内の人間の幸せ:自分がコーディネートする方法

マインドフルネスで自分の幸せをあぶり出す

f:id:studio-lei:20170228134633p:plain

今、ここで、マイルドフルネスしましょう。自分に「自分は幸せか?」と尋ねてください。これはアバウトな質問です。効果はゼロ思考になれます。

主語がない質問は、自分の「無意識領域に仕舞ってあるもの」に触れることができます。よ〜〜く自分の「聲」をこころで聴いてみてください。

 

今、日本は幸せか?

花粉に襲われていませんか。2017年の春一番は、2月17日関東地方で観測されました。ここで、みなさまの「幸せ」を推進するために考察しましょう。


我々の日本は、「成長してきた国」と言われますが、「何が成長したか、それは、「経済」ですね。
「世界幸福度報告書2016-日本は本当に幸せな国?」 国際幸福デーに発表されたデータでは、私たちが暮らす日本は53位になっていました。この発表を受けて、「日本は恵まれているのに低いのか」とのテーマで書かれた記事が散見されます。私が考える理由は、「人の幸せ感」は、こころのデータなので、数字にはならないと考えていますが、みなさまはどうでしょうか。

職場で自分とは

人は、みんな違うのです。悲しいかな日本では、「みんな一緒」という文化が感じられ、「常識だろ!」、「それ普通じゃん」、「標準では・・」という言葉が氾濫しています。でも、人間は、育った環境が異なるので違います。

これが根っこです。じゃ人の幸せは?

人の幸せの分類

  • 長続きしない幸せ(勝負)は、「カネ」、「モノ」、「社会的地位」
  • 長続きする幸せ(非勝負)は、「健康」、「自主性」、「自由」、「愛情」

と言われています。私の解釈では、勝負は、ビジネスで、非勝負は、人のこころの幸せと捉えています。

職場の人間の幸せ

では、あなたは次のどちらを選びますか。

  1. 東京のタワーマンションに住み高級外車で六本木にドレスアップして行きシャンパングラスを傾けるか。
  2. 17:15に〇〇県庁から一斉に退庁し、帰宅後は農作業に勤しむか。

休みの日には、仕事モードか、ファミリーモードか、あるいは、小さい子供にはスマホを与えるか、牛丼店、ハンバーガー店の景品の玩具で済ませるか。まだまだありますよね。

これが職場おける、人の幸せ感をコーデネートするベースです。考えてみようじゃありませんか。例えば、時の人、孫正義さんは、ビジネスで勝ち続けることを自分の幸せと捉えていると思っています(勝手に)。「ビジネスは、魔物」が住んでいると言われています。勝ち続けなければいけない境遇でしか味わえない幸せなのでしょう。

その反対側に私がいます。人のこころの真髄を知ってしまい、「阻害されるこころ」と「孤独のこころ」を知った使命感で今、こうしてアウトプットしています。

私は、「必要とされること」が幸せで、このことを追い求めて生きています。

職場で追い求めるもの

上記のように勝負する幸せと非勝負の幸せは全然違います。人も違います。全然違います。あなたの追い求める幸せは何でしょうか?それをあぶり出しましょう。

自問自答です。お風呂で「何がしたいの?どうなりたいの?」と主語を付けないでやってみてください。ゼロ思考になれ、本当の自分の聲が聞こえます。

  • 報酬か
  • 出世か
  • ファミリーか
  • 自由か

に気づけます。

ただし、職場においては、労働の対価として報酬を得ることから、労働はきちんとちゃんと成果物を挙げて、対価である報酬をゲットすることは忘れないで下さい。

コーネディーネートの注意点

1本人用

生き物は、狩をして獲物を食べて子孫を残し、死んでいくことから、「狩」は、労働です。労働をしないと獲物は食べられません。

このことは、生き物の根っこです。福祉社会が壊し、ぐちゃぐちゃにしたものです。

ありさんが働いでいるでしょう。植物だって働いているのだから・・・。

2上司用

人は、違います。追い求めるものも違います。価値観とかも違います。だから「確認」なのです。「どうして?」の一声で良いのです。あとは受容だけです。「みんなが」、「常識」、「普通」、「標準」は、捨てて、関心(愛)を届けましょう。(愛の反対は憎しみではなく無関心です)

3組織用

多分「平等にならない!」という意見を持たれた方もいると思います。この意見は「みんな一緒」という文化からきていると考えます。では、日本国憲法第13条に「個人の尊重」、「幸福追求権」がきちんと定められています。(参考)私は、労働契約上の自己責任範疇だと考えています。

想定する効果

この考えでの効果は、「ブレない自分」、「他人はカンケイナイ人生」、「楽な自分」を掴み、自分らしく幸せに生きる効果があると考えています。

おわりに

職場は、上司部下、同僚の人間関係の溜まり場です。どうしても人間は、「比較」という行為をします。自分自身がその比較の中に入ったら「劣等感と優越感」が生まれ、人間関係を複雑にしてしまうのです。

そんな場所で、「ブレない自分」、「他人はカンケイナイ人生」、「楽な自分」を構築するメンタルコントロールをお勧めします。

関係記事ご紹介


引っ越しました
続けています↓
http://www.workmental-cafe.tokyo/

 

トップ画像引用元:Rochelle Nicole, Unsplash


ワークメンタルcafeでは随時セミナー、コーチングを行っています。お申し込みは下記のページをご覧ください。

 

セミナー申し込み
コーチング申し込み