ワークメンタルcafe

ワークメンタルcafe

職場や仕事の悩みを解決する専門コーチング

職場で、上司の構築する人間関係の本質を掴むにはフードコートの「イクメン」で

職場の上司の人間関係

f:id:studio-lei:20170305114259p:plain

上司が、自分のコミュニケーション能力は、どんな感じなのか?部下と向き合っているか・・・と疑問が湧いた時は、フードコートに行けば自分の姿がそこにあります。

 今、「イクメン」という言葉が散見されます。「イクメン」と「ママ」とは、大きな違いがあります。母乳?家事?いいえ違います。それは、会話力です。

イクメンの実態

フードコートでパラパラ見かけます。父子が二人で食事している場面です。異様です。会話していないのです。子供は一生懸命に食事をしています。「イクメン」は、自分も食べるか、スマホいじっているか・・・会話がないのです。

ぐずっているのも見かけません・・・

ママの実態

格安のファミレスで見かけます。

人目を気にしないママが子供を叱り飛ばしているシーンを・・・

ところが、叱られた子供はママの横に座って話しかけながら食事をするのです。

実態の検証

ベースにあるのは、「日頃の会話資産」が、あるかないかですね。人間は生き物です。

地球上に生きる生き物です。雄と雌が交尾をして子孫繁栄となります。そして子育てをするのです。野生に生きている生き物は命がけで子孫を守ります。理由は絶滅防衛本能でしょう。

さて、人間の子育ては、食事だけではありません。感情も育てなければいけないものです。

イクメンの感情養育は、会話です。日頃自宅で子供と会話していますか?

していないからフードコートで無言で食事をする異様なシーンになるのです。

会話の秘訣

子供と会話をするためには、「子供に話させる質問」が必要です。親は、MCで、子供がゲストです。親は、MCとリアクション芸人になってください。

例えば、「今日は、どうだったの?」では、子供は答えません。答えが出てこないのです。

では、「今日の給食は何が出たの?」となれば「ステーキ」、「うん美味しかったよ」「全部食べたよ」、「一番に食べたの」と弾む弾むのです。

フードコートでも、「今、ママはどうしているかな?」、「秘密作ってママを驚かせよう」、「何にする?」・・・

とでもなんでも会話になります。

この方法は、私がゆとり世代の娘や息子を育てた時に活用していた方法です。この方法のメリットは、子供がパパっ子になることです。デメリットは、距離が近くなり過ぎて反抗期にはストレス発散に利用されることです。子供の頃からなんでも話せる間柄は、イライラした時も猛烈に発現しますからご注意を。

上司が、構築する人間関係の本質

職場でも同じことです。部下を育てなかったら絶滅するのがビジネス界の法則です。

「ホウレンソウ」とよく言われます。これは、部下がするものではないのです。上司がやらすものです。

強制力ではなく、上司が質問で「ホウレンソウ」を引き出すのです。私は、やっていましたよ。自分から部下のそばに行き、横に座って、子供にやるように質問を繰り返しながらリアクション芸人をしていました。

なぜ、するのかは、上司である自分にお得だからです。風通しの良い職場キープがお得です。

おわりに

私の尊敬する上司は、一日にセクションリーダーの所には、必ず足を運び顔を見に回っていました。プラ〜と来て立ち話をしてプラ〜と帰って行くのです。職場が、暖かい心地良い空気になっていました。

上司のみなさまは、「コミュニケーション能力」という言葉に踊らされていませんか?

会話は、相手を想い、大切にするこころです。


引っ越しました
続けています↓
http://www.workmental-cafe.tokyo/

 

トップ画像引用元:Caroline Hernandez, Unsplash


ワークメンタルcafeでは随時セミナー、コーチングを行っています。お申し込みは下記のページをご覧ください。

 

セミナー申し込み
コーチング申し込み