ワークメンタルcafe

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークメンタルcafe

職場や仕事の悩みを解決する専門コーチング

新採用者の「やらされ感」とは正反対の高い意識のキープ方法

f:id:studio-lei:20170328123556p:plain

仕事をする理由

新採用者は、やる気がみなぎっててハツラツとしたイメージがありますか?

GW明け頃までキープできるかっと言ったら疑問符がつくと考えます。それは、仕事が自分のことだと認識できていないからです。新採用者は、仕事をする理由がきちんと認識されれば有効、有益な情報が収集できるので、仕事に取り組む意識が高いレベルでキープできます。

高い意識のキープ方法

この方法は、情報収集能力アップと密接な関係にあります。

方法は、単純な「自分のアウトカム」をしっかり認識する行為です。

情報収集能力アップ

今までは、自分の側を通り過ぎていく有力な情報に気がつかなかったのですが、それが、自分に語りかけてくれるようなイメージで気づけるのです。
そして、気づいた内容を意識して吟味するので「良いとこ取り」になるのです。

例えば、将来起業してやろうというアウトカムを持ったら何を用いてお金を儲けるか、そのためには、何が必要か、どんな人が良いかなどを考えます。具体的には

  1. これからの時代はどうなるのか?
  2. 何が需要で何を供給するのか?
  3. それには、どんな技能が必要か?
  4. じゃぁどんな人が欲しいか?
  5. それは、いつどこで?

とこんな具合に考えます。
このポイントは、「考える」行為です。考えることは意識が継続するので、電車の中の広告の文字に反応します。ウエブの文字にも反応します。反応するのはアウトカムに関する人間的な資産

  • 知識を得ること
  • 経験を積むこと
  • 人脈を築くこと

です。面白いくらいに気づけます。今の仕事との関係は、今の仕事を通じて情報を得るので未来のアウトカムが色濃くなります。
そして、究極は、気づいて「発想の転換」そして「工夫」と進めばワクワクする人生になります。「やらされ感」とは正反対の意識の高い人をキープできます。

セット記事

  1. 企業におけるの4つの新採用教育方法:2018就活問
  2. 【新採用教育方法】マインドフルネス(現実認識)の力を養成
  3. 新採用者が仕事をする理由もわかり、命を粗末にしない3つの提案
  4. 自分の悩み・不安をオペラント条件付けをして解消する方法

トップ画像引用元:Ashim D’Silva, Unsplash


ワークメンタルcafeでは随時セミナー、コーチングを行っています。お申し込みは下記のページをご覧ください。

 

セミナー申し込み
コーチング申し込み